野菜の選び方

野菜の選び方について・九州野菜通販・宅配のフェルミエ

野菜の選び方

□ トマト
ヘタの部分が緑色で、ピンと立っているもの。実が角ばっているものは中身がスカスカになっていることがあるので、丸いものを。

□ きゅうり
ツヤとハリがあり、イボが痛いくらいにチクチクするものが新鮮な証拠です。曲がりは味に影響はありませんが、一本の太さが均一な方が、味が良いと言われております。太すぎるのは種が多くて、味が薄くなります。表面に白い粉(果粉)がついている場合があります。これは薬品ではなく、新鮮さの象徴なので、気にする必要はありません。

□ にんじん
鮮やかなオレンジ色で、表面がなめらかなものを。表面や切り口が茶色や黒に変色しているものは鮮度が落ちている。

□ レタス
切り口が白いもの。葉先が茶色くなっていないもの。持ったときに重いものは成長しすぎており、傷みが早い上に苦味を感じることもある。

□ キャベツ
春玉・冬玉とも、巻きがしっかりして重みのあるものを選びます。ただし、春玉は巻きがふっくらしていても、外側の葉がツヤツヤであればOK。逆に、冬玉は巻きが開きかかっているものは、育ち過ぎの可能性があるので避けるようにします。また、根元の切り口(芯の部分)の白色がみずみずしい方が鮮度です。カットされたものは、切り口が新しく黒ずんでいないもの。芯の高さが全体の3分の2以下のものを選ぶと良い。

□ 白菜
かたく巻いていて芯が開いていないもの、手で持った時にずっしりと重みを感じるのが、みずみずしい白菜です。また新鮮なものは、葉に弾力があり、葉先が縮れています。カットしてあるものは、断面がみずみずしく、平らであればOK。中身が盛り上がっているものは、切ってから時間が経っています。

□ ナス
ヘタのトゲがとがっているものが新鮮。色が濃く、表面にハリやツヤがあるものを。

□ だいこん
ずっしり重みがあるもの。葉がついているときは、黄色くなっていないものを。カットしたものは断面を見て、ス(小さな穴のことで、スが入ると水分が少なくなりスカスカになります。)が入っていないもの。

□ 玉ねぎ
芽や根の出ていないもの。丸みがあり、固く、重いものを。

□ じゃがいも
芽が出ていないもの。皮に傷やシワがないものを。

□ かぼちゃ
丸ごとなら、ずっしりと重みがあるものを。カットしたものは実が厚く、種が丸みをもって育ち、ぎっしりと詰まっているもの。皮の色が濃いものはよく熟している。

□ ごぼう
泥つきの方が鮮度が保たれる。ひげ根の少ないものの方が鮮度が高い。洗いごぼうはやや湿っていて、ひびが入っていないものを。

□ ブロッコリー
つぼみが小さく、締まっているもの。黄色がかっているものは鮮度が落ち始めている。紫がかっているものは寒さによるもので、味・鮮度に問題はない。

□ ほうれん草
葉の緑色が濃く、厚みのあるもの。根の切り口がみずみずしく、ほうれん草は根元の赤みが強いものが鮮度が高い。

□ ネギ
長ネギは緑と白の部分がはっきりと分かれており、触ったときに弾力があって、しっかりと締まっているもの。葉ネギは緑色が鮮やかで、先端までピンととがっているもの。

□ しいたけ
かさの裏側が白いもの。かさがあまり開いていないもので、肉厚なものがよい。

□ さつまいも
皮がスベスベしていて重いものを選びましょう!そして色は濃い紅色ものにしましょう。ひび割れやシワのあるものは避けましょう。また皮に黒い斑点があるものは傷んでいる場合があるので避けた方がいいです。

□ にら
ニラは、葉の緑色が濃く、肉厚なものを選びましょう。また、葉先が枯れていないかどうかも新鮮さのポイントです。

□ チンゲンサイ
葉の緑色が鮮やかで、つやがあってやわらかいもの、茎の幅が広く、張りと厚みがあるものを。大きく育ったものより、長さ15cmくらいの小ぶりのものが、やわらかです。

□ かぶ
かぶは、光沢があって実が丸く、堅くしまっているものを選びます。葉がみずみずしく色鮮やかなもの、葉の付け根がきれいなものを選ぶと良いでしょう。根にキズなどがあるものや、ひび割れているものは避けるようにします。

□ たけのこ
皮に光沢があり、ずんぐりと太めで短く、切り口がみずみずしいものを選びます。穂先が黄色で開いていなものがよく、緑色のものや全体の形が偏平なものは避けましょう。

□ ゴーヤー
ツヤがあり緑が濃く、イボイボがしっかりしているもの。

□ とうもろこし
トウモロコシはできるだけ皮つきのもので、皮は緑が濃く、先端のひげが褐色あるいは黒褐色のものが完熟と新鮮さのポイントです。また、ひげは1本1本粒とつながっているので、ひげが多いものほど粒が多いものにあたります。

□ しょうが
しょうがには一年中出回っているヒネショウガ(根ショウガ)、甘酢に漬けて美味しい新ショウガ、焼き魚などのつけ合わせ使う葉ショウガの三種類があります。ヒネショウガは、表面が固くしまっているものを、新ショウガは肌が白く茎のつけ根が赤いものを選びましょう。

□ おくら
ヘタの切り口が新しく、表面の産毛がビッシリと生えていて硬く、指にあたるものが新鮮な証です。育ちすぎると味が落ちるので、小ぶりでスッとした形のものを選びましょう。サヤの形がしっかりしていて、黒くないものの方が新鮮です。

□ にんにく
形が丸くまとまっていて大ぶりなもの、りん片の大きさが揃い、綺麗な乳白色をしているものを選びます。さらに下部がへこみ、実が固く、重みがあるものが良い。

□ さといも
湿り気のある泥がついており、ひび割れがなく、コロコロしており、芽のないものを選びます。

□ 春菊
葉がしっかり立ち、節間は短めで、茎表面に太くはっきりとした線が一本通っているものを選ぶ。葉色は鮮やかなグリーンで、葉の先はピンと張りを保ち、葉の裏には細かな毛が密生しているものが良い。

□ まいたけ
茶褐色が濃く、光沢のあるもの。水分がにじんでいるのは古いものなので、さわるとパリッと折れるぐらいの新鮮なものを選びましょう。

□ いんげん
緑色が濃くて皮が薄くハリのあるもの。 比較的細めで豆の形がはっきりと出ているもの。先がとがっていて曲げるとぽきっと折れるもの。シミや黒ずみのあるものや表面に傷やへこみのあるものは避けましょう。乾いたりしなびたりしているものはかなり品質が劣るので避けましょう。

□ ズッキーニ
皮は全体的にツヤのあるもの。 太さは太すぎるものは避け、均一なものが良い。ヘタをみて切り口が新鮮でみずみずしいものが良いです。

□ 梅
青梅は傷や変色が無く、青々とした綺麗な色の物を選びます。これも粒の大きさは揃っている物が良いです。触った時に果肉が引き締まって固い物を選ぶこと。青梅が収穫後追熟で黄色くなった物は香りも弱まり、傷やまだらなシミのような斑点が出ていたりします。そういうものは避けること。

□ らっきょう
おいしいらっきょうを選ぶなら、全体的に粒の大きさが揃っているものを選びましょう。日光に当たると緑色に変色して硬くなるため、白い色をしているものがベストです。また、芽が伸びているものは収穫から時間が経っているので、なるべく芽が伸びていないものが良いでしょう。

フェルミエの取扱商品一覧です。
ダイエットに効果のある野菜をご紹介しています。

yahoo

Calendar
  • 今日
  • 定休日

平日営業8:00~17:00
土曜日・日曜日及び祝日は、生産者の方々がお休みなので、当店もお休みです。ご了承下さい。ご注文はインターネットにて24時間受け付けます。店休日のご注文分の発送は翌営業日からの発送になります。

ページトップへ